脱毛コラム

脱毛サロンの勧誘は内緒で来たということで断ると良い

勧誘を上手く断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘の上手な断り方においては、自分自身が本当は脱毛サロンに自由に来る権限はないが、内緒で来たということを言うと良い場合があります。

脱毛サロンというのは結構高額な費用がかかるものなので、自分自身で自由に決めてこられるとは限りません。

したがって、その部分を脱毛サロンの勧誘の上手な断り方として使うと良いと思うのです。

というのも、例えば結婚している人の場合には、自分が専業主婦をしていれば自由に使えるお金はそんなに多くないと思いますし、夫と相談してということになるでしょう。

でも、自分の判断で脱毛サロンの体験などを受けに来る場合もあると思います。

体験であればまだ安いですから、自分の判断で来てもそんなに問題にはならないのです。

しかし、勧誘を受けた場合にはさらに高い費用がかかるので、そこまで自分の判断で勝手に決めるということはできないでしょう。

そうなると、内緒で脱毛サロンに来た人にとっては、それ以上のことを自分の判断で行うことができないので、そこが断る理由になるのです。

あくまでも自分の意思

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方に悩んでいる人もいると思うのですが、やっぱり自分自身では脱毛サロンにこれからも通い続けるかどうかを決める権限がないというのは、断る理由としては十分ではないか?と思うので、おすすめになります。

産後の脱毛の注意点について

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスの変化により、体毛が濃くなります。

また、ホルモンバランスの変化は産後だけでなく、妊娠中でも体毛が濃い状態が続きやすいです。

その上、産後に脱毛しようと心得てもホルモンバランスの乱れにより、肌がデリケートな状態となります。

なので、サロンやクリニックに行って脱毛を受けても光やレーザーがメラニンに反応しないので、脱毛効果を得られない可能性が高いです。

ちなみに、家庭用脱毛器も光線を使って脱毛を施すので、産後の脱毛として使っても効果が現れにくいです。

よって、脱毛を施す際は電動シェーバーでムダ毛を処理するのがお勧めとなります。

なぜなら、電動シェーバーには女性用が存在するので、女性用だと刃が直接肌に触れない構成になっているからです。

サロンやクリニックで脱毛を受けるのが最善

また、産後が安定してからだと電動シェーバーでムダ毛処理するより、サロンやクリニックで脱毛を受けるのが最善となります。

けれども、電動シェーバーは出産後に肌が敏感になっている状態でも、肌に与えるダメージを抑えて自己処理できるというメリットがあります。

なので、産後の濃い体毛に悩まされている場合は、電動シェーバーによって対処するのがお勧めです。

ただし、産後に脱毛やムダ毛処理を施す際は、毛抜きによる自己処理を施さないようにするのが大切です。

注意点として、毛抜きだと敏感になっている肌を大きく傷つける上に、肌のトラブルが起きる可能性が高まるからです。

埋没毛の原因と適切な毛の処理方法

埋没毛を防ぐ

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、無理な毛の自己処理によって起こりやすくなります。

毛を簡単に処理しようと思うと、カミソリや毛抜きを使ってケアしようとしますが、これらの方法だと肌を傷めるだけになってしまうのです。カミソリを使用すれば、お肌の表面に傷をつけることになり、角質が厚く積もるようになってしまいます。また、毛抜きを利用した場合についても、毛を無理やり抜くことで毛穴が傷ついてしまい、やはり角質を蓄積させることにつながるのです。

毛穴に角質が積もってしまうと、肌の表面を厚く覆うことになり、毛が表面に出てくることができません。その結果、埋没毛の発生を促すことになってしまいます。

無理な自己処理を控える

埋没毛が起こってしまった時には、無理な自己処理を控えるように気を付けてみましょう。カミソリや毛抜きを使用した毛の処理方法をストップすることにより、角質の蓄積も徐々に解消され、埋没毛が起こりにくくなってきます。既に起こってしまった埋没毛の状態も良くなってくるので、肌の見た目に悩むことがなくなってくるでしょう。

また、お肌の状態が落ち着いてきたら、光やレーザーによる脱毛を受けてみるのもおすすめになります。光やレーザーは、毛穴を無理に傷つけることなく毛の除去を行えるので、埋没毛が起こってしまう心配がありません。肌の状態が気になったら、施術を受けてみるとよいでしょう。

ワキガがキツくなる原因と脱毛によるワキガの改善について

脱毛でワキガを改善

ワキガの女性
ワキガは、脇毛に異臭を放つ成分が付くことで臭いがキツくなります。

なぜなら、脇の毛穴に皮脂や老廃物が溜まり酸化することで、臭いが発する仕組みだからです。

また、自己処理によって脇毛を脱毛しても毛穴はそのまま残るので、ワキガが改善されないこともあります。

よって、毛抜きによる自己処理だと毛を抜くだけでなく脇毛が途中で切れる可能性もあるので、ワキガがキツくなるリスクがあります。

よって、ワキガを抑えつつ自己処理を施したい場合は剃刀や電動シェーバーでの自己処理がお勧めになります。

それは、脇毛を剃る自己処理だと脇毛を短くするので異臭を放つ成分が脇毛に多く付きにくくなるからです。

皮膚が炎症を起こさないように

ちなみに、脇毛よ皮膚の奥に皮脂が詰まっている状態をそのまま放置すると、ワキガが酷くなるだけでなく皮膚が炎症を起こすことになります。

なので、自己処理によってワキガを改善できない場合は、クリニックやサロンといった施設を利用するのが最善となります。

施設での脱毛は、全身に永久脱毛を施すことができるので自己処理を施す回数を減らすことができます。

その上、レーザー脱毛や光脱毛によって脇毛も処理してもらうことで、必然的にワキガを改善することが可能です。

理由として、レーザー脱毛や光脱毛は深い毛根を取り除けるので、脇毛に潜んでいる雑菌を減らすことに繋がるからです。

また、クリニックやサロンに通うほどワキガに悩まされることがなくなる他にも、無駄毛が生えにくくなります。

アンダーヘアを脱毛して処理する2つのメリット

アンダーヘアを処理

アンダーヘアを処理する時は下着からはみ出さない程度に行うのが主流でしたが、最近では脱毛して処理する人が増えてきています。脱毛サロンでは割引キャンペーンなどで安く施術を受ける事が出来るようになっています。そこでアンダーヘアを脱毛するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

清潔に保ち続ける事が出来るようになる

日常生活の中で常に下着を着用しているのでアンダーヘアが生えているとデリケートゾーンの通気性が悪くなってしまいます。それで不衛生な状態になってしまうので臭いが発生してしまう事もよくあります。しかしアンダーヘアを脱毛してしまえばデリケートゾーンの通気性が良くなるので清潔に保ち続ける事が出来るようになります。臭いが発生するのを防ぐ事も出来るのでお手入れする手間も省けます。

自己処理をする必要がなくなる

アンダーヘアを自己処理しているだけでは再び生えてきてしまうので何度も処理する必要があります。デリケートゾーンは皮膚が薄いので何度も処理していると肌の状態が悪くなってしまう事もあります。しかしアンダーヘアを脱毛してしまえば再び生えてくる事がなくなります。それにより自己処理をする必要がなくなるので肌の状態が悪くなるのを防ぐ事が出来ます。

アンダーヘアを脱毛するとこのようなメリットがあるので脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてみるといいでしょう。