埋没毛の原因と適切な毛の処理方法

埋没毛を防ぐ

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、無理な毛の自己処理によって起こりやすくなります。

毛を簡単に処理しようと思うと、カミソリや毛抜きを使ってケアしようとしますが、これらの方法だと肌を傷めるだけになってしまうのです。カミソリを使用すれば、お肌の表面に傷をつけることになり、角質が厚く積もるようになってしまいます。また、毛抜きを利用した場合についても、毛を無理やり抜くことで毛穴が傷ついてしまい、やはり角質を蓄積させることにつながるのです。

毛穴に角質が積もってしまうと、肌の表面を厚く覆うことになり、毛が表面に出てくることができません。その結果、埋没毛の発生を促すことになってしまいます。

無理な自己処理を控える

埋没毛が起こってしまった時には、無理な自己処理を控えるように気を付けてみましょう。カミソリや毛抜きを使用した毛の処理方法をストップすることにより、角質の蓄積も徐々に解消され、埋没毛が起こりにくくなってきます。既に起こってしまった埋没毛の状態も良くなってくるので、肌の見た目に悩むことがなくなってくるでしょう。

また、お肌の状態が落ち着いてきたら、光やレーザーによる脱毛を受けてみるのもおすすめになります。光やレーザーは、毛穴を無理に傷つけることなく毛の除去を行えるので、埋没毛が起こってしまう心配がありません。肌の状態が気になったら、施術を受けてみるとよいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*