ワキガがキツくなる原因と脱毛によるワキガの改善について

脱毛でワキガを改善

ワキガの女性
ワキガは、脇毛に異臭を放つ成分が付くことで臭いがキツくなります。

なぜなら、脇の毛穴に皮脂や老廃物が溜まり酸化することで、臭いが発する仕組みだからです。

また、自己処理によって脇毛を脱毛しても毛穴はそのまま残るので、ワキガが改善されないこともあります。

よって、毛抜きによる自己処理だと毛を抜くだけでなく脇毛が途中で切れる可能性もあるので、ワキガがキツくなるリスクがあります。

よって、ワキガを抑えつつ自己処理を施したい場合は剃刀や電動シェーバーでの自己処理がお勧めになります。

それは、脇毛を剃る自己処理だと脇毛を短くするので異臭を放つ成分が脇毛に多く付きにくくなるからです。

皮膚が炎症を起こさないように

ちなみに、脇毛よ皮膚の奥に皮脂が詰まっている状態をそのまま放置すると、ワキガが酷くなるだけでなく皮膚が炎症を起こすことになります。

なので、自己処理によってワキガを改善できない場合は、クリニックやサロンといった施設を利用するのが最善となります。

施設での脱毛は、全身に永久脱毛を施すことができるので自己処理を施す回数を減らすことができます。

その上、レーザー脱毛や光脱毛によって脇毛も処理してもらうことで、必然的にワキガを改善することが可能です。

理由として、レーザー脱毛や光脱毛は深い毛根を取り除けるので、脇毛に潜んでいる雑菌を減らすことに繋がるからです。

また、クリニックやサロンに通うほどワキガに悩まされることがなくなる他にも、無駄毛が生えにくくなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*